駆除

トラブルメーカーをやっつけろ|害獣駆除で取り戻す生活

自分では手を出さない

ハクビシン

スズメバチの巣を駆除するのは大変危険なため自分で行おうとしてはいけません。なるべく早く駆除業者に依頼しましょう。巣に近づくと集団で襲ってくるので、駆除するまではなるべく巣に近づかないように注意することが大切です。

安全な方法で一網打尽

ハチ

蜂は益虫ですが、巣が人間の活動範囲内で作られた場合には、駆除が必要となります。蜂の目の見えない夜間に、蜂の巣の風上から殺虫スプレーや燻煙剤を使用すると、安全に駆除できます。

しっかり駆除しよう

蜂

手続きや免許が必要

ハクビシンは、最近家や神社の中に住み着いて、繁殖したり農作物を荒らしたりして、時には人に危害を加えることもあるので、見つけたら早めに害獣駆除を行う必要があります。しかし、ハクビシンを始めとする害獣駆除は誰にでもできるわけではなく、行政に捕獲許可の申請やその他の手続きを行ってからでなければ、行動に起こすことができません。また、ハクビシン駆除には「鳥獣保護法」という法律が関わってくるので、一般の方ができることは忌避剤で追い返すだけです。しかし、それでは駆除ができませんし、知らぬ間に繁殖してしまう可能性も高いので、解決できません。そこで、プロの駆除業者を呼んでハクビシン駆除を依頼する方法が一番手っ取り早く、確実な方法です。

駆除後の環境づくり

ハクビシンをプロの業者に依頼して、駆除してもらった後、消毒や掃除、侵入経路を絶つことはやってくれますが、ハクビシンはどこからどもなくやってきてしまうので、油断は禁物です。生ごみや食べ残しなどは外に放置せず、すぐに処分するようにし、エサを与えないように注意しましょう。また、ハクビシンを捕獲することは禁じられているので、農作物に張るネットや忌避剤をホームセンターやネット通販で購入しておき、見つけたらすぐ追い返してください。そして、何度もやってくるようであれば、業者を呼んで再度駆除してもらうようにしましょう。ハクビシンが住みにくい環境づくりをしておくことは、今後家に住むためにも必要ですので、頑張りましょう。

害獣を寄せ付けない対策

ネズミ

ネズミが居づらい環境を作ると、被害を防げる可能性があります。駆除の負担も大幅に減りますので、大きなメリットが得られます。寿命の長い種類が生息していると、駆除も困難です。場合によっては、高額な駆除料金が発生します。