メンズ

トラブルメーカーをやっつけろ|害獣駆除で取り戻す生活

  1. ホーム
  2. 安全な方法で一網打尽

安全な方法で一網打尽

ハチ

遠距離からの攻撃

日本には、スズメ蜂や蜜蜂など、複数の種類の蜂が生息しています。これらはいずれも、本来は人間が共存していく必要のある益虫ですが、稀に駆除の必要性が生じることがあります。具体的には、人間の活動範囲内で巣が作られた場合に、生活の妨げとなることを防ぐための駆除が必要となるのです。駆除は、蜂の巣そのものを取り除くだけで済みます。とはいえ蜂の巣の周辺には、いわゆる働き蜂が、見張りのために飛んでいます。近付くと攻撃されることになるので、駆除は蜂の巣に対する遠距離攻撃でおこなう必要があります。具体的には、殺虫スプレーまたは燻煙剤を、蜂の巣の風上で使用するのです。こうすることで、攻撃される心配なく、飛んでいる働き蜂も巣にいる女王蜂や幼虫も一網打尽にできます。

色や香りに反応

蜂は夜目の利かない虫なので、駆除は夜間におこなうことが特に安全と言えます。あらかじめ蜂の巣の正確な場所を把握しておくと、真っ暗な中でも燻煙剤などをスムーズに仕掛けることができます。日中に駆除する必要がある場合には、明色の服を着用すると、安全性が高まります。というのも蜂は、天敵の熊に近い色合いをした大きな動物を、特に強く警戒するからです。熊は黒色や茶色をしているので、それとは全く異なる色合いの服を着用していれば、警戒されるリスクが少なくなるわけです。また、蜂には花や果物などの甘い香りに近寄ってくる習性があります。そのためこれらの香りのついた柔軟剤や化粧品などを使わずに、できるだけ無臭の状態で駆除することが大事です。駆除業者に依頼をすれば、専門知識が豊富なスタッフが派遣されます。虫が苦手で近づきたくないという人は業者へ連絡しましょう。